産後の骨盤運動はいつから始めればいいの?

産後は骨盤矯正が必要、とよく言われます。また、最近では骨盤矯正用のベルトやガードルなど、骨盤矯正グッズも色々と販売されていますよね。でも、いったいいつから始めたらいいの?というのは多くの妊婦さんが気になるところだと思います。

 

そもそもなぜ産後の骨盤矯正が必要かというと、出産によって開いた骨盤が元の状態に戻る際に体のバランスが悪いと、骨盤が歪んでしまうからです。

 

骨盤が歪むと血流が悪くなって健康にも色々と悪い影響がありますし、太りやすくもなってしまいます。また、尿漏れや腰痛、むくみなどのトラブルも引き起こしてしまいます。

 

骨盤矯正をすることで出産前の体型に戻りやすくなりますし、血行が良くなることも期待できます。 骨盤矯正を始めるのにおすすめなのは、一般的に産後2ヶ月目から6ヶ月目までの間とされています。

 

産後1ヶ月は「産褥期」と呼ばれ、出産で疲労した体が回復するまでの大事な時期。この時期に無理矢理骨盤矯正を始めることはおすすめできません。産後1ヶ月は体を回復させることを第一に考え、なるべく横になるなどしてゆっくりと過ごすようにしましょう。

 

そして、産後の1ヶ月検診で、普段の生活に戻ってよいと医者で確認をもらってから骨盤矯正をスタートさせるのがベストです。 ちなみに、一般的に産後6ヶ月を過ぎると骨盤が閉じてしまうと言われています。

 

骨盤が閉じてからでは矯正するのは大変です。なので、産後2ヶ月目から6ヶ月目までの間に骨盤矯正をしておきたいですね。

 

産後に骨盤ケアを何もしないとどうなるの?

女性として、最大なる行事でもある出産!やっと、出産し、ホットしたのもつかの間!自分の体型にビックリ・・・。なんてことも多いようです。

 

出来るなら、誰しも妊娠前の体型に戻りたい!と思ってしまいますよね。出産で大きく開いた骨盤は、産後3〜4カ月で少しずつ縮みながら、ゆっくりと正常な位置に戻ろうとしてくれるのですが、妊娠や出産で左右のバランスが崩れていると中々元の位置に戻りずらくなるのです。

 

そのために産後骨盤ケアは重要といえます。もし、なにも骨盤ケアしないと、骨盤周辺の血流が悪くなり、脂肪の燃焼が落ちて結果的に太りやすくなってしまうのです。又、日常生活の中には、横座りや足組み、あぐらや猫背になるなど、骨盤がさらに歪む姿勢が数多く潜んでいます。産後3カ月ぐらいまでは、日常の動作にも特に気をつけることが重要です。

 

また、ひとによっては、肩こり、腰痛、むくみや冷え性なども起こりやすくなり、さらには、不妊などの婦人科のトラブルを招く事にもつながってしまいます。産後の骨盤矯正の方法としては、整体、体操、インナーやガードル、ニッパーなど様々あります。出産後の1カ月は回復期なので、骨盤ベルトや産後ガードルで軽めに骨盤矯正しましょう。

 

産後の1カ月健診で問題がなければ、マッサージや体操、スクワット、ヨガやピラティスなど、気分のリフレッシュを兼ねて取り組むことをお勧めします。産後の女性の靭帯が柔らかくしなやかなのは、産後2〜3カ月と言われています。この期間を逃してはいけません!ただし、めまいや動悸はないか?など自分の身体の調子をみて行ってく下さいね。

 

産後の骨盤運動の方法

妊娠時に体重が増えてしまうことは、自然なことです。赤ちゃんの体重が加わることと、栄養が赤ちゃんに送られるため、母体のエネルギー不足に備えるためホルモンバランスが変わって体に脂肪が蓄積されやすくなるからです。

 

出産後は、体が元に戻ろうと働きますが、おなかまわりの贅肉がとれなくて、悩んでいる人も多くいます。いわゆる『産後太り』です。出産前はスリムだったのに、なかなか体重が戻らない産後太りの原因の1つに骨盤があります。出産で開いてしまった骨盤が、元の位置に戻っていないことが原因です。

 

つまり、骨盤の位置さえ元に戻してしまえば、体重も元に戻すことができるのです。骨盤の位置を戻すには、骨盤運動がとても効果的です。出産で歪んだ骨盤が元に戻りやすい産後6カ月までに骨盤運動をおこなえば、さらに効果を高めることが可能です。骨盤の矯正は整骨院でプロの施術を受けることもできますが、育児で忙しい時期なので、自宅で手軽におこなうことができる骨盤運動の方法を、いくつか覚えておくと便利です。

 

まずは足を肩幅に開いて、まっすぐと背筋をのばします。次に、手を腰にあてて、腰を左右に大きくゆっくりと回してみましょう。5回ほど繰り返したら、逆回転。この骨盤運動をすることで、腰をまわしにくい方向があったら、そこの骨盤がゆがんでいることがわかります。次の骨盤運動は、床に座っておこないます。

 

両足を軽く開いてのばします。左手を後ろ、右手を両足の間に置いたら、ゆっくりと体を左側にひねります。骨盤運動は、毎日ゆっくりとおこなうことが大切です。育児のリフレッシュとして体を動かしてみてくださいね。

 

産後ベルトのオススメは?

出産により骨盤は大きく開いてしまいます。一度開いてしまった骨盤が自然に元の状態に戻るのは難しく、そのまま放っておくと下半身太りや腰痛の原因にもなってしまいます。

 

そこでオススメしたいのが「産後ベルト」、骨盤が元の状態に戻るのをサポートしてくれます。人気の「産後ベルト」をご紹介したいと思います。

 

犬印本舗 産後骨盤ケアベルト

産後すぐ使用でき、通常の骨盤ケアにも使用できるベルトです。おしりにフィットしてずれにくく、素肌に直接使用することができる内側が綿素材の設計。とても薄いので日常の動作を妨げることもありません。ショーツの下に着用でき、外さずにトイレが可能です。

 

青葉 トコちゃんベルトII

トコちゃんベルトIIは、妊娠中〜産後のゆるんだ骨盤の後ろ側を支え、腰を安定させるベルトです。妊娠していない方も使用可能で、お尻の痛みや腰痛の軽減、O脚の軽減にも効果があります。

 

医学的に検証されているため、安心して使用できます。

 

ワコール 産後骨盤ベルト

産後の骨盤が自然と元に戻ろうとする働きをサポート。日本助産師会と共同開発しているため、安心して使用できます。デリケートなお腹は締め付けず、骨盤をヒップの下から、斜め上にしっかり支えます。ベルトタイプで簡単装着。

 

ヒップの丸みに合わせた設計でずれにくくなっています。以上、オススメの「産後ベルト」をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

いくら「産後ベルト」が骨盤サポートによくても、体にあったものでなければ効果がありません。ご自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。